人との出会いが人生を大きく変える

お仕事、食事、住まい、お買い物、お金、楽しいイベントも全部人を介してやってきます。

人はどんなに一人が好きでも

一人で何かやろうとしても

やっているつもりでも

できているつもりでも

電気やガスを供給してくれる人がいて、

食べ物を作っている人たちがいて

それを運んでくれる人がいて

売ってくれる人がいて

誰かのおかげで生きています。

【ジョハリの窓】

この言葉を知っていますか?

人は4つの窓を持つと言われています。

①開放の窓

自分と他人が知っている窓

②盲点の窓

自分が気がついていない、他人が知っている窓

③秘密の窓

自分は知っていて、他人は知らない窓

④未知の窓

自分も他人も知らない窓

世の中にいろんなワークがあります。

本やネットからも情報が得られます。

自分一人である程度癒したり、状況を良くしようと変えていくことももちろん可能です。

けれど、他人の目が必ず必要になってくることがあります。

②の盲点の窓

自分は知らなくて、他人が知っている自分です。

人は強い思い込み=ビリーフがあると、自分と同一化します。

これは自分では気づかない領域です。

人と関わって過ごす良い部分は、この盲点を教えてくれるところです。

また、③の秘密の窓は、傷やトラウマが背後に関わっていることが多いです。

他人に知られたくない傷やブロックがある場合、安心安全が感じられず、本来の力が発揮されずらい状況にあります。

本当に好きなことや、やりたいことも無意識に押し込めていることもかなり多いです。

一つ一つ、窓を開けていって世界が広がってくるとどうでしょうか?

どんなことが起こると思いますか?

私は今、個人セッションを中心に活動していますが、

YouTubeをやってみたい、

イベントをやってみたい

遊びを絡めたリトリートをしてみたい!

といろんなやりたい事が自然と現れてきました。

以前のように、やらなければ!やりたい事は何?

と一生懸命探したわけではなく、人と関わって話しているうちに出てきたものです。

これを今後どのように実現させていくかは、半分は天にお任せして、半分は自然と行動していくことだと感じています。

数年前の私は、人の中にいるだけで疲れてしまい、自分の気持ちや感情を感じることすら蓋をしていた時期がありました。

友人に、「YouTubeやってみれば?」と言われた時は、そんなの絶対に嫌だ!と強い拒否反応を全身で感じていました。

どうして変わってしまったんでしょう?

それは傷が癒され、ハートがオープンになり、自分の知らない部分を教えてもらって、人の助けを受け取れるようになってからでした。

もし、あなたが何かの講座を受けていたりセッションを受けているのであれば、ぜひ窓をどんどん開けていかれますように

人生が豊かで彩りのあるものになりますように

ʻOluʻOlu

自分が望む人生を生きる 《環境・人間関係・仕事・お金・パートナー》 未来を創造していくセッションと講座を開催しています 身体・心・魂が一致した人生を生きるとき、 その人の人生は喜びに満ちていきます 本当の自分を生きる未来創造セッション講座 6月準備中